ピロ式パチスロ記

スロットの「天井狙い」「ゾーン狙い」のやめ時について

time 2020/07/18

こんばんは。ピロ(@hiro5130)です。

今回は天井狙い・ゾーン狙いについて書きたいと思います。

ジャグラーの実践結果をまとめています!
こんばんは。ピロ(@hiro5130)です。今回は「約28万G」実践した結果からジャグラーの狙い目を探ります。ジャグラー実践のホール選びまずはホール選びですが、ジャグラーに力を入れているホールを選びました。条件は以下の2点 ジャグラー設置台数が50台以上(設置割合2割超)のホール 5000G以上回してレギュラー確率が大きく設定6を上回る台が複数台存在した実績があるホールホール選びについてはコチラで詳しく書いています。ジャグラーで優良ホールを見分ける方法ジャグラー実践の台選び店の「クセ読み」は無し。当日の合算で台を選ぶ...

sponsored link

「天井狙い」「ゾーン狙い」の狙い方

ネットで調べれば、大半の台は狙いゲーム数が分かります。

  • 〇〇は勝てない

とか行って美味しい台を打たなかったり

  • 〇〇は相性が良い

とか言って早いゲーム数で打ち出したりしなければ狙えると思います。

「天井狙い」「ゾーン狙い」はやめ時が大事

狙うゲーム数は正しくてもやめ時を徹底できている人は少ないですね。

ホールで見ていると半数以上の人は正しくやめていません。

ハーデスの例

例えばハーデスは以下のケース以外は即止めです。

  1. 天井当選
  2. 確定役(紫7・ハーデス図柄・GOD)当選
  3. ジャッジメントがハーデス(冥界モード当選の可能性有り)
  4. GG中にGG当選

それなのに実際ホールではほぼ全ての台が30G程度回して有ります。

即やめすると飛びつくように台を取られたことも何度も有りますね。

ミリゴ凱旋の例

ミリゴ凱旋はハーデスのように「即やめ」は出来ません。

しかし「前兆の煽り」がかなり特徴的なので10Gも回せば「前兆の有無」はすぐ分かります。

  • ループストック無し濃厚 & 前兆の煽り無し

の場合は10Gくらいでやめで良いです。

しかしミリゴ凱旋も実際ホールではほぼ全ての台が30G程度回してやめてあります。

メダルが少ないと流さない

獲得枚数が少ないと「流すのが面倒」なのかメダルを使い切る人を良く見ます。

これは絶対にやってはいけません!

天井狙い・ゾーン狙いは「一台平均100枚以下」の僅かなプラスを積み上げるものです。

片手で運べる僅かなメダルでも無駄打ちせず流しましょう。

まとめ

  1. やめ時をキチンと調べ守る
  2. 少ないメダルでも流す

この二つを徹底して下さい!

基本的な事ですが出来て無い人が多いので周りと差が付けられると思います。

 

ポチっが更新の励みになります!

応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 スロットブログへ

メシウマ日記・メシマズ日記を読みたい人は下記コミュニティもどうぞ!
大負けメシウマ逝った委員会

大勝ちメシマズ委員会


sponsored link

«
»
カテゴリ:雑記   タグ:

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

ピロ

ピロ

学生スロッター⇒社会人⇒スロ専業と出戻りました。

スロ暦は10年以上。
稼動や収支等を日々更新中。

プロフィール詳細

当ブログへの問合せは下記ページよりどうぞ
↓↓↓
問合せ

サイトマップ