ピロ式パチスロ記

【パチスロ逆転裁判】初打ち感想・評価「法廷バトルが地味すぎる」

time 2017/05/24

スロットの新台「パチスロ逆転裁判」を初打ちしました。

エンターライズの新台ですね。

原作がかなり好きだったので、期待(不安)が一杯ですね。

以下初打ち感想レビューです。

北斗の拳天昇を初打ちをしました!
6号機のスロット新台「パチスロ北斗の拳 天昇」を初打ちしました。北斗シリーズが6号機に初登場ですね。以下初打ち感想レビューです。「北斗の拳 天昇」の筐体液晶回りはこんな感じです。「蒼天の拳 朋友」と同じでミニリールですね。派手な役物等は無くてシンプルで...

sponsored link

パチスロ逆転裁判の筐体

液晶周りはこんな感じです。

モンハン恐竜みたいに液晶は動かないみたいですね。

下パネルはこんな感じです。

まぁいつも通りですね。

パチスロ逆転裁判の簡単なゲーム性

ART機です。

通常時のコイン持ちが良く、隠れボーナスも無いタイプです。

40G毎の周期抽選でART抽選しているようです。

パチスロ逆転裁判の初打ち感想・評価

通常時は

「ナゾ」を貯めます。

周期G到達時に

原作でお馴染みの「サイコロック」が発生。

ロック解除成功でCZに突入(まれに直撃?)するという流れでした。

単調な通常時

通常時のポイント加算は

「払い出し枚数」と完全リンクしています。

そのためどんな煽り演出でも、小役が揃わなければノーチャンスですね。

周期抽選台の宿命ですが、通常時が単調です。

周期毎に「ストーリー」は変わるのですが、絵の動きが少なすぎて違いが分かりませんね。

CZも単調

周期成功時に突入するのが

法廷JUDGEなのですがかなり単調です。

流れは以下の通り。

  1. 証言者が証言をする
  2. 弁護人と検事のやりとり
  3. 「矛盾は何か無いのか?」の煽り
  4. 「分かった!」⇒成功、「何も分からない」⇒失敗

という感じです。

「打ち手」は当然気付いている矛盾を、「なるほど君」は気付かないという訳ですw

「法廷JUDGE」中は煽りも少ないので、途中からは何もドキドキしなくなりましたね^^:

地味すぎる法廷バトル

ARTは弁護士と検事とのバトルになります。

リプレイだと高確率でダメージを受けて、ベル・レア役で攻撃という仕様です。

モンハン月下・恐竜と同じですね。

しかしモンハンのような派手なドンパチでは無く、基本は言葉の応酬です。

何か話した後に「DAMEGE 〇〇PT」と、出るだけなので地味すぎますw

まとめ

地味すぎる法廷バトル!

モンハンに似たバトルシステムではなくて、キャラを推したゲーム性にして欲しかったですね。

新台の初打ちをしました。

【タイムクロス2】初打ち感想・評価「スイカ外れ待ち台」

【パチスロ黒神】初打ち感想・評価「北斗・バジ絆・まどマギのパクリ」

ポチっが更新の励みになります!

応援のクリックお願いします(^^)

にほんブログ村 スロットブログへ

メシウマ日記・メシマズ日記を読みたい人は下記コミュニティもどうぞ!
大負けメシウマ逝った委員会

大勝ちメシマズ委員会


sponsored link

«
»
カテゴリ:初打ち感想   タグ:

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

ピロ

ピロ

学生スロッター⇒社会人⇒スロ専業と出戻りました。

スロ暦は10年以上。
稼動や収支等を日々更新中。

プロフィール詳細

当ブログへの問合せは下記ページよりどうぞ
↓↓↓
問合せ

サイトマップ