ピロ式パチスロ記

ブラックラグーン3 スロット新台|初打ち感想・評価「前作の劣化台」

time 2017/12/07

ブラックラグーン3 スロット新台|初打ち感想・評価「前作の劣化台」

スロットの新台「ブラックラグーン3」を初打ちしました。

人気シリーズの続編ですが5.9号機での出来はどうですかね。

以下初打ち感想レビューです。

sponsored link

ブラックラグーン3の筐体

液晶周りはこんな感じです。

スパイキー⇒七匠へとメーカーが変わったので画面大幅に変わっていますね。

下パネルはこんな感じです。

液晶のパネルですね。

メニューボタンを押しても「音量調整」の画面しか出てきませんでした。

戦国コレクション3もそうだったので5.9号機はメニューとか無いのですかね。

ブラックラグーン3の簡単なゲーム性

A + ART機です。

主にCZとボーナスからARTに突入させるゲーム性です。

ブラックラグーン3の初打ち感想・評価

通常時はレア役・ボーナス待ちです。

天井もゾーンも無いので何か引かないと何も起きません。

まぁ天井が無い以外は前作までと同じ感じですかね。

ARTまでの流れは前作までと一緒

ARTまでの流れは

  1. レア役を引く
  2. 前兆に突入
  3. ギャングスタバトル(CZ)に突入
  4. ギャングスタバトル(CZ)成功でART

名称はバレットバトル⇒ギャングスタバトルに変更していますがゲーム性は全く一緒です。

「ブラックラグーンといえばコレ!」というCZなので引き継いでいるのは嬉しいですね。

有利区間ランプで萎える

レア役を引いた後は「ボーナス煽り」からの「CZ前兆のざわざわ」という感じです。

CZ前兆は

「スカルシステム」という専用の前兆ステージに移行します。

良く有るART機というゲーム性なのですが、CZ前兆に行くか否かは「有利区間ランプ」で完全告知されます。

レア役を引いた後に

右上の「☆」ランプが付いていないとノーチャンスです!

液晶演出意味無し・・・

5.9号機の規定なので仕方無いですが萎えますね。

ART中は前作までとほぼ変わらず

ART中は前作までと同様に

ヘブンズラッシュも有るし

バレット獲得(バレ満)抽選も有ります。

ART終了後は必ず「バトル」に行くというのも同じです。

前作までのファンには嬉しい仕様ですね。

5.9号機に向かない数珠連使用

ブラックラグーンシリーズと言えば「バトル」によるART連が魅力です。

しかしブラックラグーン3は5.9号機なので「有利区間は1500G」という規制が有ります。

有利区間はART中のみだけで無く

ギャングスタバトル中も含みます。

※バトル中も有利区間ランプが付いています

つまりは「バトル中のG数を含めて1500G以内」じゃないと駄目なわけです。

5.9号機には全く不向きなゲーム性ですね。

「前作までのゲーム性を焼き回して無理矢理5.9号機にしました」という感じですかね。

まとめ

ゲーム性は前作までのブラックラグーンシリーズとほぼ一緒です。

しかし「ART数珠連」が魅力なので5.9号機には向かないですかね。

ビッグ確率の設定差が大きいので「イベント」時等はチョロチョロ狙えるかもですかね。

旧基準機・新基準機の撤去日をまとめています。

旧基準機はいつまで打てる?主な機種の撤去日まとめ【バジ絆・沖ドキ等】

ポチっが更新の励みになります!

応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 スロットブログへ

メシウマ日記・メシマズ日記を読みたい人は下記コミュニティもどうぞ!
大負けメシウマ逝った委員会

大勝ちメシマズ委員会


sponsored link

«
カテゴリ:初打ち感想   タグ:

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 スロットブログへ

お気に入りサイト最新記事

プロフィール

ピロ

ピロ

学生スロッター⇒社会人⇒スロ専業と出戻りました。

スロ暦は10年以上。
稼動や収支等を日々更新中。

プロフィール詳細

「スイーツ感想」等を書いているブログも運営しています。
↓↓↓
ピロ式お役立ち・スイーツ情報

サイトマップ